都会の喧騒から逃れて【タオ30代】

私が怖くても、体験してみて本当に良かったなと思う体験は、キャニオニングです。
初めて聞く方もいるかもしれませんが、キャニオニングは、ボート等を使わない沢下りです。
ウェットスーツに頑丈なお尻パッドやヘルメッド等を身につけ、ガイドの指示を聞きながら、時にはロープを使ったり、滑り台の様に、滝を寝そべって滑りながら下ったり、崖からダイブして、川に飛び込んだりと、三時間程かけて、思いっきり水遊びを楽しむレジャーです。
友人に誘われて、女性6人で挑んだのですが、終わってみるとみんな全身アザだらけ!
けれども、木々生い茂る利根川を、マイナスイオンをたっぷり浴びながら、プカプカ浮かんだり、ドキドキしながらジャンプしたり、軽く溺れたり、日常の仕事のストレスなんて全て忘れて、みんな夢中で一生懸命楽しんでました!
ガイドの方もほとんどが、カナダやオーストラリアの本場から来ている、海外の方なので、日帰りなのにどこか、遠くまで旅行に来ているような、非日常感も味わえました。
水着以外の装備も全て借りられて、仕上げにバーベキューまで出来て、普段アクティブな事をまったくしないのに、勇気を出してチャレンジしてみて、本当に良かったなと思います。http://www.nakanoganka.com/

ドキドキの旅行【ピノキオ44歳】

1人で海外旅行しました。現地に友達がいたので正確には1人ではありませんが、友達とロサンゼルスで待ち合わせしました。
中学レベルの英語しか話せませんが、伝わらない時は文字にして見せたりしました。友達と落ち合い、ロサンゼルスとカルフォルニアで買い物をして安いホテルにとまり、レンタカーを借りて運転しました。日本でも運転が下手な私なのに無謀な試みです。他のクルマはすごくスピードを出していて怖かったです。
ツアーではないので何から何まで自分でやらなければならなくて、どうしても伝わらない時だけ友達に甘えました。
しかし、私レベルの会話力でも真心を込めて話せば通じる事がわかり自信がつきました。
友達に空港まで送ってもらい後は飛行機に乗って帰るだけなので安心してましたが、帰りの機内の中で隣の席の中国人がなにやら怒っていて何に怒っているのかまったくわからず言葉も伝わらずで仕方がないのでキャビンアテンダントを呼びました。
怒っていた理由は、自分のシートベルトを挿す穴に、私のシートベルトがささっているという理由でした。私は謝りシートベルトを挿し直しました。そんな剣幕で怒る事ではないと思い、それからのフライトは些細なことで怒られるんじゃないかと怖かったです。
はじめての体験でしたが、困った事があっても何とか乗り切れる経験が出来て良かったです。ソシエ割引の詳細を知りたい方はこちら

恐怖の岩盤浴から幸せの岩盤浴へ 【みるく20代】

私はもともと貧血気味で血が少なくなるとすぐ頭がフラフラしていました。小学生の頃温泉施設へ行きいつも通り温泉に入り暑くなってきたのでフラフラなる前に出ようと思いロッカーの前で体を拭いていました。そこまでは記憶があるのですが、そこからの記憶がなく気がつくと裸で倒れており、知人に名前を呼ばれていました。頭の後頭部が痛く打ったのだと気が付きました。周りにいたおばちゃんたちも声をかけてくれ、貧血で倒れたのだとわかりました。元々貧血気味ではあったものの、倒れたことはなくこれが初めてでした。それから温泉が怖くなり行けなくなりました。自宅のお風呂でさえ、お湯に浸かる時間を短くしていました。そして、専門学生になって友達に岩盤浴に誘われました。岩盤浴は温泉よりも暑い室内に入るためすごく不安でもし倒れたらどうしようと怖かったのですが、岩盤浴について調べると体の機能の改善にすごくいいと知り、その時体調を崩していたことと、倒れてから何年も経つし色々挑戦してみたいという気持ちがあり行くことに決めました。実際岩盤浴に入ってみると暑かったのですがサラサラとした汗が出てきて、岩盤浴を出た時にはすごくすっきりした気持ちになりました。体調もそれからいい方向に向かい治りました。今までは怖くて行けなかった温泉も岩盤浴も今ではすごく大好きで時間を見つけては行っています。
痩身エステ

怖かったけれど、踏み出してよかった!

スペイン語の勉強を始めて1年。怖かったので迷ったのですが、スペインへの短期留学を決行しました。一度は外国へのホームステイを短期間でもいいので体験してみたかったのです。中学から習っている英語圏へのホームステイをずっと検討していました。周りも英語圏へのホームステイを体験している友人が多く、いろいろ体験談を聞けて安心していたからです。しかし、せっかくスペイン語を学ぶ機会があるからと、スペインへの留学を決意。初めてのヨーロッパへの旅は、ひとりではとても長いものでした。ドイツ経由で初めての飛行機の乗り換え。ようやくスペインの首都マドリードに着くと、ホームステイ先のファミリーが出迎えてくれました。ホストファミリーは英語は話せません。普段日本で勉強しているスペイン語が、どれほどやさしく教えてもらっていたか、どれだけネイティブの先生がゆっくり話してくれているかを痛感し、到着してすぐ、来たことを後悔してしまうほど。根気よくホストファミリーの方がゆっくりスペイン語を話してくれ、なんとか毎日を乗り越えることができました。学校帰りに道に迷ってしまった時も、自分からスペイン語で町の人に尋ねることができました。あっという間の体験でしたが、当初は怖くて仕方がなかったスペインでの生活も、今では人生の一番の宝物の経験になりました。【sou・20代】アリシアクリニック

いまでも忘れないどきどきの初ピアス!

これは私が大学1年生の時の話です。高校時代はずっと耳にピアスを開けるのは怖いから絶対に穴をあけることはない、と思っていました。自分の体に穴が開くなんてどんなに痛いんだろう…と想像しては恐ろしい気持ちになっていました。よく、へそや鼻にたくさんピアスがあいていたり、耳にじゃらじゃらピアスをぶら下げていたりする人がいますよね。そのような人を見ているだけでもこっちが痛くなってくるような気がするくらいにピアスは私にとって怖いものでした。ですが、ずっと好きだったアーティストがピアスをしていることにある日気が付きました。「あれ、なんかおしゃれかもしれない…」と思い始めたのはそれに気が付いてからです。私はイヤリングをよく着用していたのですが、長時間つけていると耳たぶが痛くなったり、イヤリングを落としても気が付かずなくしてしまうことがよくありました。ピアスだったら落としたりなくしたりすることもないのかもしれない、とピアスの便利さにも気が付きました。大学生になり、地元をでて少し都会に引っ越しをすると街ゆく人々はピアスが開いている人がたくさんいました。個性的なデザインのピアスをしている人もいてだんだんとうらやましくなってきたため、私もついに耳にピアスの穴をあける決意をして皮膚科にいきました。自分であけるのは怖すぎたので、医師にあけてもらうことにしました。かかった時間はほんの2秒ほどでした。少し痛かったですが次の瞬間、耳にはファーストピアスが入っていたので、なんだかあっけなかったです。あの頃はあんなに怖かったのに、今では右耳に一つ、左耳に二つピアス穴をあけています。大好きなアーティストと同じピアス配置にしたので似ているデザインのものを探したりするのがとても楽しいです。今ではピアスをあけて本当によかったな、と思っています。クロ・20代女子おすすめの痩身エステで痩せたい方はこちら

あの時の決断がなかったら、いまの私はなかった

私は21歳の時、自宅近くにあった小さな出版社で働き始めました。

社長は私の事を「自分のタイプだったから採用した」らしく、次第に恋愛感情を抱かれる様になりました。

給料は少なく、また、仕事が終わった後も長々と社長に引き留められる毎日。

それでも辞めるに辞められず、気付いたら働き始めて11年になろうとしていました。

会社はだんだん業績が悪化して来ていました。

社長は元々ワンマンで気分屋の性格だったのですが、業績が悪化して来たせいか毎日イライラ。

いつどんな事で怒り出すか判らないので、私は社長の顔色を窺いながら仕事をする様になり、それがストレスになって行きました。

そして ある日、私は「もう辞めた方が良いと思う!!」と社長に言い、会社を後にしました。

社長は何度も「会社に戻って欲しい」と言って来ましたが、私が会社に戻る事はありませんでした。

半年ほど休養した後、私はずっと興味があったホステスの道に進みました。

興味があったとは言え初めての世界だったし、自分がホステスとして使い物になるのかどうか不安でいっぱいでした。

ところが、始めてみると私にとって「天職」とも言える仕事で、私のお客さんだけで満席にした事もありました。

経営者に夜逃げされたり、お店のママからイジメの様な扱いを受けてストレスで精神的におかしくなったり、給料の未払いがあったりして合計4軒のお店で働く事にはなりましたが、10年ほどホステスとして働きました。

4軒のうち1軒のお店では現在の彼氏と知り合いました。

もう7年ほど付き合っていて、2016年2月からは結婚を前提とした同棲をしています。

思い切って出版社を辞めてホステスの道に飛び込まなかったら彼氏と知り合う事はなかったと思うし、そう考えると良い決断だったと思います。

【いずみ 40代】http://www.yunatec.net/

やってみたら楽しかった一人飲みデビュー体験

やってみるまで怖かったけど、やってみたら楽しかった体験は、「一人飲みデビュー」です。
私が初めて一人飲みを体験したのは、25歳の時です。
その当時東中野に住んでおり、魅力的な飲み屋がたくさんありました。
お酒は大好きで、居酒屋の雰囲気も大好きです。
しかし、なかなか一人では入り辛いな、と思って入れずにいました。多分一年くらい店の前でうろうろしていたと思います。
そして25歳くらいの時にやっと駅前の焼き鳥屋に入ることができました。

その時はゴールデンウイークでお客さんがやたら少なくて、「これなら一人でもお店の人に迷惑にならないかな」と思って入ることができました。
そのお店は安くて美味しくて当たりで、それ以降も常連になってしまい、一人で何度も飲みに行きました。
常連になると、他にも一人客が多いことや、女性の一人飲みの方も多いことが分かり、居心地が良かったです。
また、その一軒をきっかけに、他のお店にも難なく入ることができるようになりました。

女一人で飲んでいると、傍から見れば寂しい光景かもしれません。
しかし、本人としては「次に何を頼もうか」と自分勝手に飲食できる幸福感があるのです。
人と飲むのももちろん好きですが、一人で飲みたい夜もあるので、一人飲みデビューして良かったと思っています。

 【かしわもち・30代】詳しくはこちら

自信がなくても、とりあえずやってみよう

私が以前勤めていた職場での出来事です。今は出産が近いため退職させていただいたのですが、先日まで病院の事務として3年半働いていました。
私の上に1人上司がおり、その上司がとても怖い人で新人が入ってきてもその上司が教育をすると数週間で辞めてしまうという状況が6人連続で続き、かなり職場内の入れ替わりが激しい時期がありました。
私の妊娠が分かり、産休制度を持っていない個人病院でしたので辞める時期を院長と相談し、私の代わりになる新人を入れてもすぐに辞めてしまう状況が変わらず、院長とともに私も頭を悩ましていました。
そんな時に、「お前が辞めるまでに全ての新人の教育を担当してみないか」と院長から言われました。正直、新人教育をしたこともなかったうえに今度3人まとめて新人を雇う旨を伝えられ、その3人全てを教育してほしいということでした。初めての体験ですし、上司が教育担当から外されるという現実で正直すぐに答えは出せませんでした。でも、また上司が教育をして3人まとめて辞められてしまっては私はいつまでたっても辞めれないので、教育担当をすることを受けました。
悪阻もひどく、妊娠中のトラブルも色々あり、かなり精神的にも体力的にもキツい中での教育で、そして普段の業務も通常どおりこなさなければならない状況でかなりキツかったのを覚えています。
しかしやるからにはやり切りたいという性格なので、今までの上司とは全く違うやり方で私なりに1人1人にあった教育プログラムを立て、私が辞めるまでに一通りの仕事ができるように3人まとめて育てあげました。院長からもかなり褒められ、「お前に任せて本当によかった、ありがとう。」と言ってもらえました。
最初は私には絶対に無理と思っていたけれど、今思えば教育担当という役割を受けてよかったと思っています。何事も新しい体験に目を背けず、とりあえずやってみよう精神を大事にしていきたいです。

【ななたす 20代】http://www.dxlxb.net/

爬虫類カフェで出会った可愛いカエル

私は動物好きです。
猫や犬も好きなのですが
どちらかと言うと
ハムスターや鳥などの小動物系が好きです。
しかし、動物が好きな私が
苦手なジャンルがありました。
それは爬虫類でした。

ある日、友人から爬虫類カフェを
見つけたら行こうと突然言われました。
私には理解できないのですが
その友人は爬虫類好きなのです。
家でも小さなトカゲのようなものを飼っていました。

もちろん、答えはNoです。
、と言いたかったのですが
その数日前に私が牧場に遊びに行きたいと
わがままを行って、その友人の運転で
連れて行ってもらったばかりでした。
今にして思えばこのための布石だったのでは?と思います。
爬虫類カフェと言っても
私が爬虫類たちと距離を取って
コーヒーでも飲みながら時間が経つのを
待てば大丈夫だろうと腹をくくりました。

店内に入ると
たくさんの水槽の中に
いろいろな爬虫類たちがいました。
友人は大きなトカゲを見て可愛いと叫んでいました。
やはり、理解できませんでした。
いくつかは触ることもできるようで
友人は爬虫類と戯れているのを
私は横で見ていました。

友人がヘビを触っているときに
私にも持たせようとしましたが断固拒否しました。
店員さんがその姿を見て
何か触れそうな子はいますか?
と言われました。
普段は絶対思わないのですが
雰囲気にやられて
せっかくお店に来たので
少しくらい触ってみるのも悪くないと思いました。

店員さんが出してくれたのはカエルでした。
アマガエルの仲間らしく
綺麗な色をしていて目がクリッとしていて
たしかに可愛かったです。
勇気を出して触ってみると
カエルのヌメヌメしたような感じはなく
すぐに抵抗感はなくなりました。

爬虫類カフェに行って少しだけカエルは好きになりました。
しかし、次に店員さんが出してきた茶色の大きなカエルは拒否しました。

【タラ・30代】http://yasepuro.com/