初インプラント (かずなか:43歳)

昨年ストレスからくる頭痛がひどく、就寝中のくいしばりがとても強かったようで歯を折ってしまいました。すぐに歯医者に行き治療をしてもらおうと思いましたが、土台としても使えないとのことで抜歯する事になりました。
先生からは「かなりのくいしばりですね。」と失笑されました。
今後の治療方針は、
?インプラント(歯茎の骨にネジを埋め込む方法)
?ブリッジ(前後の歯を削り3本セットの差し歯をかぶせる方法)
でした。
?のインプラントはドリルで歯茎の骨に穴を開けて~と説明を聞いてるだけでも、失神しそうな内容でした。ただ?のブリッジだと健康な前後の歯を削らなければならないのが、考えても納得できず、インプラント治療をすることを決めました。
手術日が近づくにつれてインプラントの術後のリスク(ネジが骨に定着せず膿んだり、痛みや腫れが酷い人もいる等)を考えると、やっぱり止めてブリッジ治療に変更してもらおうか?と毎日悩んでいました。
手術当日、定着が悪かったらどうしようと怖さと不安な気持ちで一杯でした。
麻酔は全身麻酔でしてもらいたかったのですが、別途麻酔料が高く通常通りの歯肉への麻酔だけでもちろん普通に意識あるなか手術にのぞみました。
麻酔が効いているので歯茎切開後、ドリルで骨に穴を開けているときもまったく痛みもなく、20分程で無事に手術は終わりました。
あれだけ不安で眠れない位でしたが、あまりにもあっけなく済んでほっとしました、麻酔がキレてからの痛みもなく違和感があるくらいでほとんど腫れもしなかったです。
いまは数ヵ月に一度定期検診で診てもらっていますが、いまのところ何もトラブルもなく自分の歯と変わらずになんでも噛めます。
インプラント治療にして本当に良かったです。津田沼脱毛で安いところはこちら