あの時の決断がなかったら、いまの私はなかった

私は21歳の時、自宅近くにあった小さな出版社で働き始めました。

社長は私の事を「自分のタイプだったから採用した」らしく、次第に恋愛感情を抱かれる様になりました。

給料は少なく、また、仕事が終わった後も長々と社長に引き留められる毎日。

それでも辞めるに辞められず、気付いたら働き始めて11年になろうとしていました。

会社はだんだん業績が悪化して来ていました。

社長は元々ワンマンで気分屋の性格だったのですが、業績が悪化して来たせいか毎日イライラ。

いつどんな事で怒り出すか判らないので、私は社長の顔色を窺いながら仕事をする様になり、それがストレスになって行きました。

そして ある日、私は「もう辞めた方が良いと思う!!」と社長に言い、会社を後にしました。

社長は何度も「会社に戻って欲しい」と言って来ましたが、私が会社に戻る事はありませんでした。

半年ほど休養した後、私はずっと興味があったホステスの道に進みました。

興味があったとは言え初めての世界だったし、自分がホステスとして使い物になるのかどうか不安でいっぱいでした。

ところが、始めてみると私にとって「天職」とも言える仕事で、私のお客さんだけで満席にした事もありました。

経営者に夜逃げされたり、お店のママからイジメの様な扱いを受けてストレスで精神的におかしくなったり、給料の未払いがあったりして合計4軒のお店で働く事にはなりましたが、10年ほどホステスとして働きました。

4軒のうち1軒のお店では現在の彼氏と知り合いました。

もう7年ほど付き合っていて、2016年2月からは結婚を前提とした同棲をしています。

思い切って出版社を辞めてホステスの道に飛び込まなかったら彼氏と知り合う事はなかったと思うし、そう考えると良い決断だったと思います。

【いずみ 40代】http://www.yunatec.net/

やってみたら楽しかった一人飲みデビュー体験

やってみるまで怖かったけど、やってみたら楽しかった体験は、「一人飲みデビュー」です。
私が初めて一人飲みを体験したのは、25歳の時です。
その当時東中野に住んでおり、魅力的な飲み屋がたくさんありました。
お酒は大好きで、居酒屋の雰囲気も大好きです。
しかし、なかなか一人では入り辛いな、と思って入れずにいました。多分一年くらい店の前でうろうろしていたと思います。
そして25歳くらいの時にやっと駅前の焼き鳥屋に入ることができました。

その時はゴールデンウイークでお客さんがやたら少なくて、「これなら一人でもお店の人に迷惑にならないかな」と思って入ることができました。
そのお店は安くて美味しくて当たりで、それ以降も常連になってしまい、一人で何度も飲みに行きました。
常連になると、他にも一人客が多いことや、女性の一人飲みの方も多いことが分かり、居心地が良かったです。
また、その一軒をきっかけに、他のお店にも難なく入ることができるようになりました。

女一人で飲んでいると、傍から見れば寂しい光景かもしれません。
しかし、本人としては「次に何を頼もうか」と自分勝手に飲食できる幸福感があるのです。
人と飲むのももちろん好きですが、一人で飲みたい夜もあるので、一人飲みデビューして良かったと思っています。

 【かしわもち・30代】詳しくはこちら

自信がなくても、とりあえずやってみよう

私が以前勤めていた職場での出来事です。今は出産が近いため退職させていただいたのですが、先日まで病院の事務として3年半働いていました。
私の上に1人上司がおり、その上司がとても怖い人で新人が入ってきてもその上司が教育をすると数週間で辞めてしまうという状況が6人連続で続き、かなり職場内の入れ替わりが激しい時期がありました。
私の妊娠が分かり、産休制度を持っていない個人病院でしたので辞める時期を院長と相談し、私の代わりになる新人を入れてもすぐに辞めてしまう状況が変わらず、院長とともに私も頭を悩ましていました。
そんな時に、「お前が辞めるまでに全ての新人の教育を担当してみないか」と院長から言われました。正直、新人教育をしたこともなかったうえに今度3人まとめて新人を雇う旨を伝えられ、その3人全てを教育してほしいということでした。初めての体験ですし、上司が教育担当から外されるという現実で正直すぐに答えは出せませんでした。でも、また上司が教育をして3人まとめて辞められてしまっては私はいつまでたっても辞めれないので、教育担当をすることを受けました。
悪阻もひどく、妊娠中のトラブルも色々あり、かなり精神的にも体力的にもキツい中での教育で、そして普段の業務も通常どおりこなさなければならない状況でかなりキツかったのを覚えています。
しかしやるからにはやり切りたいという性格なので、今までの上司とは全く違うやり方で私なりに1人1人にあった教育プログラムを立て、私が辞めるまでに一通りの仕事ができるように3人まとめて育てあげました。院長からもかなり褒められ、「お前に任せて本当によかった、ありがとう。」と言ってもらえました。
最初は私には絶対に無理と思っていたけれど、今思えば教育担当という役割を受けてよかったと思っています。何事も新しい体験に目を背けず、とりあえずやってみよう精神を大事にしていきたいです。

【ななたす 20代】http://www.dxlxb.net/

爬虫類カフェで出会った可愛いカエル

私は動物好きです。
猫や犬も好きなのですが
どちらかと言うと
ハムスターや鳥などの小動物系が好きです。
しかし、動物が好きな私が
苦手なジャンルがありました。
それは爬虫類でした。

ある日、友人から爬虫類カフェを
見つけたら行こうと突然言われました。
私には理解できないのですが
その友人は爬虫類好きなのです。
家でも小さなトカゲのようなものを飼っていました。

もちろん、答えはNoです。
、と言いたかったのですが
その数日前に私が牧場に遊びに行きたいと
わがままを行って、その友人の運転で
連れて行ってもらったばかりでした。
今にして思えばこのための布石だったのでは?と思います。
爬虫類カフェと言っても
私が爬虫類たちと距離を取って
コーヒーでも飲みながら時間が経つのを
待てば大丈夫だろうと腹をくくりました。

店内に入ると
たくさんの水槽の中に
いろいろな爬虫類たちがいました。
友人は大きなトカゲを見て可愛いと叫んでいました。
やはり、理解できませんでした。
いくつかは触ることもできるようで
友人は爬虫類と戯れているのを
私は横で見ていました。

友人がヘビを触っているときに
私にも持たせようとしましたが断固拒否しました。
店員さんがその姿を見て
何か触れそうな子はいますか?
と言われました。
普段は絶対思わないのですが
雰囲気にやられて
せっかくお店に来たので
少しくらい触ってみるのも悪くないと思いました。

店員さんが出してくれたのはカエルでした。
アマガエルの仲間らしく
綺麗な色をしていて目がクリッとしていて
たしかに可愛かったです。
勇気を出して触ってみると
カエルのヌメヌメしたような感じはなく
すぐに抵抗感はなくなりました。

爬虫類カフェに行って少しだけカエルは好きになりました。
しかし、次に店員さんが出してきた茶色の大きなカエルは拒否しました。

【タラ・30代】http://yasepuro.com/