怖かったけれど、踏み出してよかった!

スペイン語の勉強を始めて1年。怖かったので迷ったのですが、スペインへの短期留学を決行しました。一度は外国へのホームステイを短期間でもいいので体験してみたかったのです。中学から習っている英語圏へのホームステイをずっと検討していました。周りも英語圏へのホームステイを体験している友人が多く、いろいろ体験談を聞けて安心していたからです。しかし、せっかくスペイン語を学ぶ機会があるからと、スペインへの留学を決意。初めてのヨーロッパへの旅は、ひとりではとても長いものでした。ドイツ経由で初めての飛行機の乗り換え。ようやくスペインの首都マドリードに着くと、ホームステイ先のファミリーが出迎えてくれました。ホストファミリーは英語は話せません。普段日本で勉強しているスペイン語が、どれほどやさしく教えてもらっていたか、どれだけネイティブの先生がゆっくり話してくれているかを痛感し、到着してすぐ、来たことを後悔してしまうほど。根気よくホストファミリーの方がゆっくりスペイン語を話してくれ、なんとか毎日を乗り越えることができました。学校帰りに道に迷ってしまった時も、自分からスペイン語で町の人に尋ねることができました。あっという間の体験でしたが、当初は怖くて仕方がなかったスペインでの生活も、今では人生の一番の宝物の経験になりました。【sou・20代】アリシアクリニック