二度と登りたくないけど、やって良かった富士登山【my・40 代】

実際に富士山に登った友人が口をそろえて言っていた。「登っても登っても、頂上に着かなかった」「 二度と登りたくない」と。でも、日本一高い山、富士山に人生一度は登ってみたいと20代のころからずっと思っていた。でも、体験談を聞くと、富士登山はすごく怖いものだと思い、なかなか実行にうつせなかった。そうこうしているうちに、あっという間に30代になってしまった。

30代に入ってからお付き合いをはじめた彼(旦那さん)が、富士山に登ってみたいと口にした。これは、いよいよその時がきた!!と覚悟を決め、富士登山に挑戦することにした。

二人とも登山未経験者で、練習もほとんどせず、いわばぶっつけ本番で挑んだ。でも、長年抱いてきた恐怖心もあったため、安心の登山ガイド付きのツアーに参加することにした。

ガイドの方のアドバイスのおかげで、順調に頂上に向けて一歩、一歩、進んでいった。もう一息である9合目。真っ暗の中、寒いし、酸素は薄いし、疲労でクタクタだし、自分との戦いだった。一歩踏み出すのが精いっぱいだった。友人が言っていた、登っても登っても頂上につかないとは、こういうことか…と。

ガイドの方が「頑張って!頂上はすぐそこです!」という言葉に、不思議と底力がわいてきた。ついに、頂上に到着!!

日本一高い山から見た日の出は、10年以上たった今でも忘れられない。
あの達成感は、なかなか味わえるものではない。

今でも、富士登山をして良かったと思っている。二度と登りたくはないけれど…。ジョウクリニック予約する方へ脱毛割引